にぎわい犬預かり

人気記事ランキング

ホーム > 注目 > 仲介契約の効力は3ヶ月

仲介契約の効力は3ヶ月

良い不動産屋で不動産売却を行いたいと思ったら、どうやって選べばいいのでしょうか。

 

重要となるのは、売却する物件とその不動産屋が特化している分野がマッチするかどうかです。

 

不動産屋にはマンションに強い場合や一戸建てに強い場合などいろいろありますので、自分が所有している物件に適合する不動産屋を選ぶことが求められます。

 

それから、例えば全日本不動産協会といった団体への加入の有無も、安心して任せられるかどうかの基準として見ることができます。

 

所有している不動産物件を現金に換えられるというのが、不動産を売却する上での最大のメリットです。

 

また、売却する物件にかけた災害のための保険料、融資に対する保証料などは、残りの期間の金額が返ってくるでしょう。

 

ですが、こういった残金は物件の売却が終わったら、自動的に返金はされず、自ら連絡などをしなくてはいけません。

 

売却が決まった場合には、必ず、契約会社に連絡してください。

 

一般的には、不動産物件の売買をする際の支払いは、まずは、手付金、しばらくして、中間金、そして、最終金の三段階に分けてということがよくある流れです。

 

時間的には、手付金の支払い後、一ヶ月ほど経ったら中間金を支払って、そのおよそ三ヶ月後に最終金が支払われるでしょう。

 

といっても、トータル支払額の中で占める割合は大きく異なり、そのほとんどが最終金で支払われるのが慣例です。

 

手付金だけは現金で渡されることもあるかもしれませんが、一般的には全て売手の指定口座に入金することの方が多いでしょう。

 

なかなか売れないマンションの理由を考えてみます。

 

まず、他のマンションと見比べてみた場合に割高でお得感がないこともあるでしょう。

 

この場合、内覧希望のお客様の数も少ないでしょう。

 

周辺の物件と照らし合わせて価格を減額することが必要となってきます。

 

また、不動産会社の担当者がマンション販売における販促活動を積極的に行っていないのかもしれません。

 

慌てて契約しないで、慎重に不動産業者を選び、仲介契約をする前に、レインズに登録しているかどうか確認しておきましょう。

 

家を売却するためのステップは、不動産会社をいくつか選び、査定、売値を決定し、媒介契約を交わし、販促スタート、内覧予約が来て、購入を希望する人と詳細を詰めて、めでたく売買契約が成立したら、お金の支払いと住宅の引き渡しを確認し、取引終了となります。

 

期間はどの位かかるのかは、購入希望者がいつごろ現れるかにもよるのでまちまちです。

 

一つの仲介契約の効力は3ヶ月ですから、そこで一度価格を見直し、6ヶ月以内に売り切る方が多いです。

菌活